有害物質除去・環境対策についてはアス・プランテック株式会社へご相談ください
header_copy
top_panel
yugai-top

土壌汚染処理について

環境省の通達にて特定の化学物質が含有される土壌は汚染土壌と呼ばれ、厳正な処理を行わなければなりません。(土壌汚染対策法に基づく溶出量基準・含有量基準(PDF))

土壌が有害物質に汚染され、その汚染された土壌を直接摂取したり、土壌より溶出した地下水を引用すると人体に悪影響を及ぼす可能性があります。
近年、都市部の開発や建物の建設などにて、重金属や揮発性有害物質が含まれる土壌が非常に多く存在しております。また、都市部だけでなく、特定の地域の土壌にては自然由来の重金属が含有される土壌が掘削工事等で出てくるケースが存在しております。

弊社では、土壌汚染対策法に指定される第二種特定有害物質(重金属類)で汚染された土壌に薬剤を散布・混合することにより、土壌溶出量を基準以下にする事が出来ます。これにより、産業廃棄物処理等にかかるコストを軽減することが出来、また環境に優しい施工方法として皆様にご提案させていただいております。

弊社の強み

・低コストにて汚染土壌を無害化することが出来る。
・それぞれの土壌に対し「最適な無害化」が行えるよう現場由来の土壌を検討試験を通じてレシピを作成、仕様を構築します。
・重金属をはじめとし、元素を問わず不溶化処理が可能
・自然条件下では不可逆的に吸着、不溶化効果が発現

不溶化の原理

汚染度と不溶化材を混合することで化学反応が起こり、難溶性の化合物を形成し不溶化します。
また、材料によっては天然鉱物を形成し、その構成要素の一つとして汚染物質を取り込んで溶出を抑制します。


top_panel

導入例


・プラントメーカー 土壌処理 (重金属複合汚染)
・鉄鋼メーカー スラグ処理 (重金属複合汚染)
・中間処理 PS灰 (フッ素)
・某官庁 トンネルズリ処理 (ヒ素)